購入しなくてOK!Excel viewerダウンロード終了後も無料で参照する方法

スポンサードリンク
excel viewer エクセル
「パソコンにエクセルが入っていなくてもデータを見たい」
「無料で参照できるExcel viewerって今もダウンロードできる?」

Microsoft Officeを購入しなくても無料でエクセルデータを参照できる「Excel viewer」。
officeの入っていないパソコンでも見ることができるので、とても便利なソフトでした。

しかしExcel viewerはもうダウンロードできません。
Microsoftのサポートが終了してしまったのです。

「それでもofficeを購入するのは避けたい」という方のために
ここではExcel viewerの概要を解説し、代替できるソフトをご紹介します。

これで、これからも無料でエクセルデータを参照できますよ!

スポンサーリンク

1.Excel viewerって何?概要と現状

まず始めに、Excel viewerの概要と現状を解説したいと思います。

1-1.Excel viewerとは?

Excel viewerとは、エクセルで作成されたデータを表示・印刷できるMicrosoft製のフリーソフトです。

「データを見るだけのソフトが役に立つの?」と感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、エクセルが含まれるMicrosoft Officeは安くありません。
そのため、「編集できなくてもいいから無料でエクセルデータを見たい!」という方にはとても助かるソフトなのです。

1-2.今はダウンロードできない?

Excel viewerのダウンロードは2018年4月で終了し、セキュリティ更新プログラムの配信も終了しています。

試しにダウンロードサイトへのリンクをクリックしてみると
下記のように「すみません、このダウンロードはもう利用できません」と表示されました。

excel viewer

ただし、ダウンロードできない代わりに次のような代替方法が記載されていました。

  1. Windows10をインストールしたPCでOffice Onlineを入手する
  2. iOSまたはAndroid搭載のデバイスで、モバイル用のExcel アプリケーションを入手する
  3. Office365を利用する(1か月間無料)
  4. ファイルをOneDriveにアップロードし、Office Onlineで確認する

このうち、「操作をパソコンで」と想定した時「無料で簡単に永続的に使える」方法は、①でしょう。
①の方法なら、ダウンロードが無料で操作も簡単なうえ、利用期限に制限もありません。

スポンサーリンク

2.Excel viewerの代わりはこれ!使える無料ソフトのご紹介

続いては、Excel viewerの代わりになる無料ソフトを3つご紹介します。

いずれもExcel viewerと同じくエクセルデータの表示・印刷ができる他、データの編集・保存も可能です。

2-1.Office Online

まずご紹介するソフトは、先に説明した「Office Online」です。
Office Onlineは、マイクロソフトが提供している無料のOffice製品で、オフラインでもエクセルやワード、パワーポイントのファイル作成と保存が可能です。

ただし、Office Onlineと有料の「Microsoft Office」と比較した場合、Office Onlineには以下の違いがあります。

  • インターネットへの接続が必須
  • 一部機能がない(グラフの挿入ができない、利用できるアニメーションが少ないなど)

とはいえ、Microsoft Officeでよく使われる主な機能は備わっているので、無料とはいえ十分に活用できるでしょう。

2-1-1. Office Onlineでエクセルデータを開く方法

では、Office Onlineでエクセルデータを開く方法を確認してみましょう。

(1)One Driveにアクセスし、サインインをクリックする
excel viewer

(2)マイクロソフトアカウントに登録してあるメール、電話、またはSkypeアカウントを入力後、パスワードを入力する(アカウントがない場合には「作成」を押してアカウントを作成する)
excel viewer

(3)「ドキュメント」にエクセルデータをアップロードする
excel viewer

(4)Office Onlineにアクセスし、サインインをクリックする
excel viewer

(5)サイト中ほどにある「Excel」をクリックする
excel viewer

(6)「OneDriveから開く」をクリックする
excel viewer

(7)対象のデータを選択する
excel viewer

以上の手順で、エクセルデータを開くことができます。
データを開くまではインターネットへの接続が必要ですが、データのコピーをパソコンに保存することも可能です。

2-2.Googleスプレットシート

次にご紹介するソフトは「Googleスプレットシート」です。
GoogleスプレットシートはGoogle社が無料で提供している表計算ソフトで、エクセルと互換性があります。

なお、Googleスプレットシートの特徴は次の通りです。

  • データは自動的にGoogleドライブの「マイドライブ」に保存される
  • 機能はエクセルに比べて限定的
  • エクセルの形式で保存できる

2-2-1. Googleスプレットシートでエクセルデータを開く方法

では、Googleスプレットシートでエクセルデータを開く方法を確認してみましょう。

(1)Googleのログインページにアクセスし、グーグルアカウントに登録しているメールアドレスまたは電話番号を入力した後、パスワードを入力する(グーグルアカウントを持っていない場合には、「アカウントを作成」をクリック)
excel viewer

(2)画面左上の「メインメニュー」をクリックし、「ドライブ」を選択する
excel viewer

(3)Googleドライブにエクセルデータをアップロードする
excel viewer

(4)タブを切り替え、画面左上の「メインメニュー」をクリックし、「スプレットシート」を選択する
excel viewer

(5)「ファイル選択ツールを開く」をクリックし、Googleドライブのデータを選択する
excel viewer

以上でエクセルデータの表示・編集ができます。
データの保存にはGoogleドライブのマイドライブを利用する必要があるものの、便利に使えるでしょう。

2-3.Impress

最後にご紹介するソフトは、LibreOfficeの「Impress」です。
LibreOfficeは無料のプレゼンテーションソフトで、ソフトをインストールする形で利用します。

Impressはエクセルとの互換性が高く、エクセルで作ったデータをImpressで編集できるほか、Impressで作ったデータもエクセルで編集できます。

2-3-1. Impressでエクセルデータを開く方法

では、Impressでエクセルデータを開く方法を確認してみましょう。

(1)公式ページにアクセスし、「ダウンロード」をクリックする
excel viewer

(2)「Download full installation」をクリックし、ダウンロードされたファイルを実行する
excel viewer

(3)「次へ」をクリックする
excel viewer

(4)「インストール」をクリックする
excel viewer

(5)「次へ」をクリックする
excel viewer

(6)任意のユーザー名と所属を入力する
excel viewer

(7)「通常」のまま「次へ」をクリックする
excel viewer

(8)「インストール」をクリックする
excel viewer

(9)「完了」をクリックする
excel viewer

(10)デスクトップ上にできたアイコンをクリックする
excel viewer

(11)「次へ」をクリックする
excel viewer

(12)ユーザーネームとイニシャルを登録する
excel viewer

(13)「表計算ドキュメント」をクリックする
excel viewer

(14)「開く」を選択してデータを選択する
excel viewer

以上でエクセルのデータが開きます。
なお、LibreOfficeはソフトウェアなので、PCにもデータを保存できる点が便利です。

スポンサーリンク

3.まとめ

Excel Viewerの概要と現在の状況を解説し、代替ソフトをご紹介しました。

現在はExcel Viewerの無料配布が終了していますが、このページでご紹介した方法であればエクセルデータを無料で表示できるうえ、編集もできます。
Microsoft Officeの購入には数万円台等の費用が掛かるので、「とりあえず」であれば代替ソフトを利用してみましょう。

スポンサードリンク
エクセル
シェアする
wakaruni_adminをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント