失敗しないiPhoneバッテリー交換の方法-費用・交換前にすることを解説!

スポンサードリンク
アイフォン バッテリー交換 iPhone

「iPhoneのバッテリー交換ってどうやるの?」
「費用はどれくらいかかる?」
こういった疑問をお持ちではないでしょうか

iPhoneは長く使っているとバッテリーが減ってきます。
そのために充電が早く減り、不便な思いをしている方もいるかと思います。

しかし、バッテリー交換をどうすればいいか分からないという方もいるでしょう。

そこで当記事では、バッテリー交換の方法やそれにかかる費用などを詳しく解説しています。
あなたの疑問の解決に当記事が役立てば幸いです。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー交換の方法

iPhoneのバッテリーを交換するには、3種類の選択肢があります。
その方法は、正規店への➀持ち込み・➁配送、➂修理店での交換の3つです。
このように、バッテリー交換には正規店を利用するものと修理店を利用するものがあります。

ではどちらで修理するのがいいかと申しますと、正規店でバッテリー交換する方がおすすめです。
理由としては、正規店では正規のパーツで交換されますが、修理店では代用品を使います。
バッテリー交換の際は、安すぎるものは注意が必要です。

ではそれぞれのやり方を見ていきましょう。

持ち込み修理

まずは持ち込み修理です。
Apple store、もしくは Apple 正規サービスプロバイダでの交換となります。
予約しないといけないので、まずは予約をしましょう。

Appleの公式サポートページにアクセスします。

➁「バッテリーと充電」から「バッテリー交換」に移動します。

➂「持ち込み修理」を選択します。

➃Apple ID・パスワードを入力し、サインインします。

➄地域から持ち込みする店舗を検索します。

➅「予約空き状況」から予約可能な店舗、行きたい店舗を選択します。

➆予約時間を決めれば、予約の完了です。

後は、予約した日時に店舗へ行くだけになります。
例外もありますが、当日内にバッテリー交換が終了するので、時間もそれほどかかりません。

配送修理

配送修理は、自分のiPhoneを修理に送る方法です。
手配をすれば配送業者が集荷に来るので、自分から送る必要はありません。
自分に戻ってくるまでの時間は約1週間前後になります。

配送の手配の方法は以下の通りです。

Appleの公式サポートページにアクセスします。

➁「バッテリーと充電」から「バッテリー交換」に移動します。

➂「配送修理」を選択します。

➃Apple ID・パスワードを入力し、サインインします。

➄iPhoneを選択するページが出てくるので、バッテリー交換したい製品を選びます。

➅希望する集荷の日時を入力します。
その時に、氏名と住所を確認しておきましょう。

➆支払い情報を選択します。
クレジットカードを選択する場合、手順に沿ってカード情報を入力します。

⑧利用規約に同意し、「送信」を選択すれば、集荷の手配の完了です。

決めた日時に来た業者へiPhoneを渡せば、後はバッテリー交換されるのを待つだけです。

修理店

修理店でバッテリー交換をする場合は、それぞれのお店に持っていきましょう。
修理店を利用する場合、費用などはお店によって違います。

ただ前述したように、修理店の利用はあまりおすすめできません。
一度非公式の修理を利用すると、それ以降Appleの修理などのサポートを受けることができなくなります。

また、あまり安い修理店を利用すると、質の悪いパーツでバッテリー交換されることもあるでしょう。

こういった理由から、公式のサポートでバッテリー交換することをおすすめします。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー交換の費用は?

iPhoneのバッテリー交換にかかる費用はどのくらいなのかも気になると所です。
結論から言うと、保証対象かどうか・機種によって費用が変わってきます。
以下の表をご参照ください。

機種 Apple製品限定保証
Apple Care+の保証対象
保証対象外
iPhone X・iPhone XS
iPhone XS MAX
iPhone XR・iPhone 11 pro MAX
iPhone 11 pro・iPhone 11
0円 7,400円
iPhone SE
iPhone 6・iPhone 6 plus
iPhone 6s・iPhone 6s plus
iPhone 7・iPhone 7 plus
iPhone 8・iPhone 8 plus
その他全ての対象モデル
0円 5,400円

(出典:Apple公式ページ)

保証状況の確認

自分のiPhoneの保証状況が分からないという方もいらっしゃると思います。
しかし、簡単に確認できるのでご安心ください。

➀まず、Apple公式サイトの「保証状況の確認」というページに行きます。

➁iPhoneのシリアル番号を入力します。
そして表示されているコードを入力して、「続ける」をタップすれば完了です。

そこから保証状況を確認することができます。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー交換の前にすること・必要なものは?

iPhoneのバッテリー交換をする前には、いくつかの準備が必要です。
また、持ち込み修理をする場合と配送修理をする場合で準備することが違います。
ご自分に合った方をご覧ください。

ただ、バックアップを取ることについては両方に共通しているので、まずはそこから解説していきます。

バックアップを取る(共通)

まず最初にすることは、バックアップを取ることになります。
これは持ち込みをする場合でも、配送で交換する場合でもしておかないといけないことです。
iPhoneのバックアップを取るには、iCloudもしくはiTunesを使います。
ご自分に合ったやり方でお試しください。

iCloud

iCloudでバックアップを取るのに必要なものはiPhoneだけです。
バックアップを取り方は次のようになります。

➀Wi-Fiに接続し、「設定」を開き、「ユーザー名」をタップします。

➁「iCloud」を開きます。

➂「iCloudバックアップ」を開きます。

➃「今すぐバックアップを作成」をタップします。

これでバックアップの完了です。
ただし、iCloudでは5GBまでしか無料でバックアップを取れません。
容量を増やしたい場合は、月々の料金を支払う必要があります。

料金は以下の通りです。

・50 GB:130円
・200 GB:400円
・2 TB:1300円

 iTunes

iTunesでバックアップを取る場合はPCが必要です。
バックアップの取り方は次のようになります。

➀まずiTunesを開き、PCとiPhoneをケーブルで接続します。

➁iPhone側で、「このコンピュータ信頼しますか」といった内容のものが出てきたら、全て許可してください。

➂接続したら、iTunes上部にデバイスマークが出てくるのでそれを開きます。

➃「バックアップ」の項目にある「今すぐバックアップ」をクリックすれば、バックアップの完了です。

iTunesでバックアップを取る際は、「iPhoneのバックアップを暗号化」にもチェックを入れておきましょう。
そうすれば、セキュリティ面でも安心です。

持ち込み

持ち込み修理の場合に必要なことは、➀バックアップを取る・➁Apple IDの確認・➂本人確認書類・レシートの準備の3つです。
バックアップの方法は上記で解説した通りなので、ここでは残り2つについて説明します。

Apple IDの確認

まずはApple IDの確認が必要です。
デバイスの初期化が必要な場合は、その場で初期化をします。
そして、その時にApple IDが必要となるので、自分のApple IDを控えておいてください。

本人確認書類・レシートの準備

バッテリー交換の店舗に行く際は、免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要となります。
また、デバイス購入時のレシートも可能であればお持ちください。
必ずしも必要なわけではありませんが、レシートがあれば修理がスムーズにいく場合があります。

配送

配送修理の場合に必要なことは次の6つです。

➀バックアップを取る
➁Apple Watchの解除
➂iMessageのオフ
➃デバイスの初期化
➄アクティベーションロックの無効
➅アクセサリーを外す

バックアップの方法は上をご覧ください。

Apple Watchの解除

iPhoneとApple Watchをペアリングしている方は、それを解除する必要があります。
解除の方法は以下の通りです。

➀iPhoneとApple Watchを近づけておく。

➁Apple Watchのアプリを開き、マイウォッチをタップします。

➂自分のApple Watchを選択し、右のiマークをタップします。

➃「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップすれば、解除の完了です。

iMessageのオフ

次にiMessageをオフにします。

➀「設定」を開き、「メッセージ」をタップします。

➁「iMessage」のスイッチをオフにすれば完了です。

デバイスの初期化

次にデバイスを初期化します。
デバイスの初期化の前に必ずバックアップを取ってください。

➀「設定」を開き、「一般」をタップします。

➁「リセット」をタップします。

➂「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

➃パスコードとApple IDを入力すれば、初期化の完了です。

アクティベーションロックの無効

次にアクティベーションロックを解除します。
アクティベーションロックとは、万が一デバイスが盗まれたり落としたりしても、デバイスを守るための機能です。

➀「設定」を開き、「ユーザー名」をタップします。

➁「iCloud」をタップします。

➂「iPhoneを探す」をタップします。

➃「iPhoneを探す」をオフにすれば完了です。

アクセサリーを外す

最後にiPhoneのアクセサリーを外しておきましょう。
配送でバッテリー交換をする場合は、何もつけずにまっさらな状態で送ります。
そのため、ケースなどを利用している方は送る前に外してください。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー交換の目安は?

そもそもどのくらいでバッテリー交換すればいいの?とお考えの方もいるでしょう。
実は、iOS11.3以降だと設定からバッテリーの状態を確認することができます。

➀「設定」を開き、「バッテリー」をタップします。

➁「バッテリーの状態」をタップします。

このページにあるのがバッテリーの情報です。
最大容量というバッテリー容量の基準があり、初期は100%で段々と下がってきます。
この数値が80%に近付くと、交換のタイミングと言われています。

またピークパフォーマンスの欄では、バッテリーの状態が文字で記載されているので、そこも目安にしてください。

そしてバッテリーが劣化している場合、「バッテリー」ページの上部に「点検が必要…」といった内容が表示されています。
この文言もバッテリー交換の目安の1つです。

このように設定から確認することができるので、気になる方はぜひご確認下さい。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneのバッテリー交換は正規店へ持ち込む、もしくは配送でするのがいいでしょう。
一度非正規の修理を受けると、その後正規の修理を受けることができなくなります。

保証期間内であれば、無料でバッテリー交換が可能です。
バッテリー状態を確認して、必要であればぜひバッテリー交換をして下さい。

スポンサードリンク
iPhone
シェアする
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント