【超簡単】iPhoneのボイスメモの使い方!編集・共有・復元方法をiPhone愛用者が徹底解説

スポンサードリンク
iPhone ボイスメモ iPhone

「iPhoneのボイスメモの使い方が分からない」
「編集と共有ってどうやるの?」
こういった疑問をお持ちではないでしょうか。

iPhoneのボイスメモは多くの人が使う便利な録音アプリです。
そしてそのアプリには様々な機能も備わっています。

しかし、使い慣れておらず、イマイチ使い方が分からないという方もいるでしょう。

そこで当記事では、iPhoneのボイスメモの使い方を解説しています。
あなたの疑問の解決に当記事が役立てば幸いです。

iPhoneのボイスメモの使い方

iPhoneのボイスメモの使い方はあまり難しいことはありません。
従って、誰でも使いこなせるようになります。

iPhoneのボイスメモには、「録音」・「編集」・「共有」の機能があります。
今回はそれらの機能に加えて、ボイスメモが消えてしまったときに復元する方法の解説もします。

では、早速見ていきましょう。

ボイスメモを録音・再生する

まずは、ボイスメモの録音と再生の方法の解説です。
どちらもとても簡単なので、すぐに使いこなせるようになるでしょう。

録音する

録音の方法は次のようになります。

➀アプリを起動すると、下に赤い丸があるので、それをタップします。
これで録音の開始ボタンです。
➁録音を停止させたいときは、四角の赤いボタンを押します。

これで、録音の完了です。
また、録音中に下画面を引き上げると、一時停止ボタンが出てきます。

再生する

録音したボイスメモを再生する方法は次のようになります。

➀再生したいボイスメモを選択します。
➁再生ボタンが出てくるので、それをタップします。
これでボイスメモが再生されます。

また、録音中に一時停止した後、再生ボタンを押すと、録音されたばかりのものを聴くことができます。

再録音のやり方

iPhoneのボイスメモでは、再録音することもできます。
再録音とは、ある部分を上書きして録音することです。

再録音の方法は次のようになります。
➀録音を一時停止します。
➁波状の部分を左右に動かして、再録音を開始したい位置を決めます。
➂「再録音」ボタンを押します。

もしくは、編集からも再録音することが可能です。

➀編集したいボイスメモをタップします。
➁左下に出てくる青い「…」をタップして、「録音を編集」を選択します。
➂波状の部分を左右に動かして、再録音を開始したい位置を決めます。
➃「再録音」をタップします。
終了したいときは、停止ボタンを押せば再録音の完了です。

ボイスメモを編集する

録音したボイスメモは編集することが可能です。
具体的には、必要な部分だけ取り出すトリミング機能と、要らない部分を削除する削除機能があります。

どちらも途中まで操作は一緒で、とても簡単です。
では、それぞれ見ていきましょう。

トリミングのやり方

トリミングの方法は次のようになります。

➀編集したいボイスメモをタップします。

➁左下に出てくる青い「…」をタップして、「録音を編集」を選択します。

➂右上にあるトリミングボタンをタップします。
すると、範囲を決めるための黄色いハンドルが録音グラフに出てきます。

➃トリミングを始めたい位置にハンドルの左端を合わせます。
そして、終了したい位置にハンドルの右端を合わせます。

➄範囲を合わせたら、「トリミング」をタップします。
これでトリミングの完了です。

トリミングでは、ハンドル内の部分が取り出されます。

一部を削除する方法

ボイスメモの一部を削除する方法は次のようになります。

➀編集したいボイスメモをタップします。

➁左下に出てくる青い「…」をタップして、「録音を編集」を選択します。

➂右上にあるトリミングボタンをタップします。
すると、範囲を決めるための黄色いハンドルが録音グラフに出てきます。

➃削除したい部分を、ハンドルで合わせて挟みます。

➄削除したい部分を合わせたら、「削除」をタップします。
これで削除の完了です。

削除機能では、ハンドル内の部分が削除されます。

ボイスメモを共有・転送する

録音したボイスメモは共有することができます。
さまざまなアプリに共有することができますが、その方法はとても簡単です。

そしてここでは、共有の方法に加えてパソコンに転送する方法もご紹介します。
パソコンに保存したい方は、ぜひそちらをご覧になってください。

メールなどで共有する

ボイスメモの共有の方法は次のようになります。

➀共有したいボイスメモをタップします。

➁左下に出てくる青い「…」をタップして、「共有」を選択します。

➂すると、アプリを選択するページが出てきます。
メールに添付したい場合は、メールを選択してください。
「その他」を押せば、LINEなどの他のアプリも表示されます。

➃共有したいアプリを押せば、そのアプリでボイスメモを共有することが可能です。

pcに転送する

パソコンに転送するのに一番楽な方法は、メールに添付するやり方です。

ボイスメモを共有するところで、メールを選択します。
そして、そのメールの宛先をパソコンのメールアドレスにすれば簡単に転送することが可能です。

ただ、1つずつ送るのが面倒だという方にはCopyTransというソフトをおすすめします。
CopyTransを使った転送の方法は次のようになります。

➀CopyTransをPCにインストールします。
インストール後起動し、iTunesかPCのフォルダのどちらかを保存先として選びます。

➁iPhoneとPCを接続します。

➂CopyTransの「プレイリスト」の項目にある「ボイスメモ」をクリックします。

➃転送したいボイスメモにチェックを入れていきます。

➄左上の「マニュアルバックアップ」にチェックを入れて、「フォルダ」をクリックします。

➅保存先フォルダを選択して、「バックアップ開始」をクリックすると転送が開始されます。

これでPCへの転送の完了です。

ボイスメモを復元するには

間違えて消してしまったボイスメモを復元するにはどうしたらいいかとお悩みの方もいるかと思います。

実はボイスメモアプリでは、削除後30日まではアプリ内で復元することが可能です。
復元の方法は次のようになります。

➀ボイスメモアプリで、「最近削除した項目」をタップします。
➁復元したいボイスメモをタップします。
➂その後、「復元」をタップします。

これで、ボイスメモの復元の完了です。

削除後30日を過ぎていても、iCloudやiTunesにバックアップを取っていれば、バックアップを復元することでデータも戻ってきます。

バックアップを取っていない場合

30日を過ぎ、かつバックアップを取っていないボイスメモを復元するには、専用ソフトを使う必要があります。
その中でもおすすめなのが、UltDataというソフトです。

UltDataを使った復元方法は次のようになります。
➀UltDataをパソコンにインストールします。

➁UltDataを起動し、iPhoneとPCを接続します。
➂UltDataの「iOSデバイスから復元」のページにいきます。

➃ボイスメモにチェックを入れて、「スキャン開始」をクリックします。

➄スキャン後、左側にある項目から「ボイスメモ」を選択します。

➅復元したいデータを選択し、「復元」をクリックします。

これで、復元の完了です。

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneのボイスメモはとても便利な録音アプリです。

機能の使い方もとても簡単なので、誰でも使いこなせるようになります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
iPhone
シェアする
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント