LINEマスター直伝!ブロックした相手の削除と復活させるときのポイント

スポンサードリンク
line ブロック 削除 LINE(ライン)

「ブロックした相手を、さらにリストから削除したい」
「削除した相手と付き合いが復活したけど、元に戻したら相手に削除したことが分かるかな」

そんなふうに考えたことはありませんか?

ブロック機能はLINEのようなSNSで、いまや欠かすことのできない機能です。
ボタンひとつでできるので、軽い気持ちで行って後で後悔したという人もいるのでは?

そんなとき気になるのは復活できるのかどうかということと、相手にどう見られるのかということですよね。

この記事では、ブロックした相手を削除する方法と、そうした後で復活できるのかという2点をご紹介します。
この記事を読んで、快適なSNSライフを送ってくださいね。

ブロックした相手を削除するには?

まずは、ブロックした相手を削除する方法と、削除した相手の確認方法ついて説明します。

削除のやり方と確認方法

ブロックした場合と削除した場合は、自分からみた表示に関してあまり変わりはありません。
しかし、場合によってはLINE内のデータを整理したいなどの動機から、ブロックした相手をさらに削除することもあります。

ブロックした相手は、基本設定画面の「友だち」内にある「ブロックリスト」から確認できます。

ちなみに「非表示リスト」は非表示した相手です。
この「ブロックリスト」から相手をさらに削除することができます。

ブロックでも削除でも、ほとんどの挙動に違いはありません。
友だちリストやタイムラインから相手が消えたことを確認してください。

削除すると何が変わる?

ブロックリストから削除してもほとんどブロックした場合と変化はありません。
しかし、ひとつだけふるふるで相手をもう一度友だちにした時の挙動は変わります。

削除した場合は挙動が友だちでない時と同じになり、ブロックしている場合はお互いに友だちということになります。
極めてまれなケースですが、そのような違いがあることを覚えておきましょう。

削除した相手は復活させられる?

削除した相手を再び友だちに追加すれば、復活は可能です。
1対1トークやグループトーク、IDや電話番号検索など様々な方法で相手のアカウントを特定できれば再び友だちに加えることができます。

また、この場合相手に通知がいくことはありません。

削除したとき、相手からはどう見える?

削除するときに一番気になるのは、「削除をしたことが相手にバレるのか」という点ですよね。
削除すると相手にバレることがあるのか、それはどのようなタイミングなのかを確認しておきましょう。

削除したとき相手にわかる?

削除した時もブロックした場合と同様、相手に通知がいくことはありません。
削除が相手にわかるとしたら、それはブロックと同じくメッセージに既読がつかないなどの場合です。

なお、相手に有料スタンプを送ってみるとブロックされたかどうかを判断することができます。
ブロックされた相手にはプレゼントすることはできません。

トラブルを避けるためにも、ブロックや削除はよく考えてから行ってください。

削除してから復活させた時、相手にわかる?

削除してから復活させた場合、トークルームで削除・ブロック中に送られてきていたメッセージに既読がつくことはありません。
このため場合によっては削除してから復活させたことが相手に判明してしまうこともあります。

相手にもし削除していたか聞かれたら、素直に答えるかエラーのせいにしてしまうか、判断に迷うところではあります。

まとめ

LINEにはブロックだけではなくブロック削除という機能もあります。
ブロックとあまり変わりがないので使用頻度は高くありませんが、LINE内のデータを整理したい時などには使用してみましょう。

仮に削除してしまっても復活させられないということはありません・
しかし、相手との付き合いを考えたうえで行動してくださいね。

コメント