LINE上級者が教えるLINEコインの使い方と購入方法・よくあるトラブルまとめ!

スポンサードリンク
ライン コイン LINE(ライン)

「LINEコインってどこで手に入るの?」
「LINEコインを使ってみたいけど、どうやって使えばいいのか分からない…」

みなさん、こんな悩みをお持ちではないでしょうか?
LINEにはアプリ内で使えるLINEコインというものがあり、スタンプや着せ替えの購入ができます。
比較的よく見かけるものですが、円との換算や機種変更の引き継ぎなどでトラブルが発生することもあります。

この記事では、LINEコインの使い方・購入方法だけでなく、LINEポイントとの違いやLINEコインのよくあるトラブルについてもまとめました。

これを読んで楽しいSNSライフを送ってください!

スポンサーリンク

LINEコインって何?

まずは、LINEコインの基本情報について解説します。

何に使えるの?

LINEコインは、スタンプや着せかえなどを購入する際にLINE上で使える通貨です。
LINEのファミリーアプリでもゲームなどでは「コイン」という名称でゲーム内通貨が使われていることがありますが、ファミリーアプリでもゲーム内のコインとLINEコインは別のものです。

LINEコインはGoogle Payなどを経由してチャージする必要があるので、購入する前に購入方法について確認しておきましょう。

どこで買えるの?

「設定」からショップのカテゴリーにある「スタンプ」「着せかえ」「コイン」の中から「コイン」をタップします。
すると、現在の自分の保有コインが確認できます。
画面右上の「チャージ」をタップすると購入画面に移ります。

コインは購入できる量が決まっていて、「50」「100」「150」「200」「500」「800」「1,600」「3,300」「10,000」が購入できます。
500コイン以上からまとめ買いによるボーナスコインが発生します。
「購入」を押すと支払方法の選択ができるので、そこからGoogle Payなどを経由してLINEコインの購入ができます。

また、購入したいスタンプのページから必要なコインを購入できます。
購入したいスタンプのページには購入に必要なコインの額と、その下に現在自分が保有しているコイン数が表示されます。
この必要額より保有しているコインの額が少ない場合、「購入する」をタップすると「コインが不足しています。チャージしますか?」というメッセージが表示されます。

ここで「確認」を押すとコインの購入画面に飛ぶことができます。

スポンサーリンク

LINEコインとLINEポイントの違い

次に、混同しがちなLINEポイントとの違いについて確認しておきましょう。

LINEポイントって何?

LINEポイントは、指定された行動をすることでためることができるLINE上のポイントです。
LINEコインと同じくスタンプや着せ替えの購入ができるほか、電子マネーや商品と取り換えることも可能です。

LINEポイントをためるには、まずウォレット画面のLINEポイントアイコンをタップします。
すると、LINEポイントのため方と使い道がされます。

LINEポイントをためる方法は無料のものから有料のものまで多岐にわたります。
無料のものでは指定された動画を見る、指定されたアプリをダウンロードする、指定の相手を友だち追加する、無料のカードを発行するなどがあります。

有料のものは、LINE Pay カードで買い物をする、指定された商品を購入する、サービスに加入するなどです。

コインとポイントの違いは?

LINEコインもポイントも、どちらもLINE内で通貨として使用できます。
では、二つの違いは何なのでしょうか?
そして、なぜ通貨として使えるものが2つあるのでしょうか?

簡単にいえば、コインは現金によってチャージでき、ポイントは提携の会社などの使用によって貯めることができるという点で異なります。

コインはそのまま現金のような扱いで、ポイントはお店などでそれぞれもらえるポイントカードのポイントである。と考えればわかりやすいかと思われます。
ポイントは買い物などによってたまっていきますが、コインのように現金をそのままチャージはできません。

最近は、コンビニなどで使用した分のポイントを1ポイント1円としてそのまま現金の代わりに使えることが増えています。
LINEポイントも1ポイント1円で使うことができます。
貯め方が違うためにコインとポイントの2種類があるのですね。

ちなみに、LINEコインには有効期限は設定されていませんが、 LINEポイントには使用期限が存在します。
ポイントは入手してから180日で失効となってしまうのです。

ポイントを使う場合は自動で古いものから使用されていきます。
気が付いたらせっかくのポイントがなくなっていた、なんてことにならないよう注意してください。

スポンサーリンク

LINEコインにまつわるトラブル

ここからは、実際にLINEコインを使用する際に注意しておくべきトラブルについて見ていきましょう。

思っていた値段と違う!

LINEコインでありがちなトラブルとして、1コインを1円だと考えて必要量より低く購入してしまう、ということがあります。
コインの購入ページにも記載がありますが、50コインは120円、100コインは240円と、実際の円換算とは異なっています。

ポイントは1ポイント1円ですが、コインは1コイン2.4円です。
また、ボーナスコインというものがあり、たとえば10,000コインを購入するとボーナスコインが2,730コインついてきて、価格が16,800円なので1コイン1.32円です。

まとめ買いしたほうがはるかにお得ですね。

LINEコインが消えてしまった!

LINEコインは、基本的に同じOSであれば端末を変更してLINEを引き継ぎしても同時に引き継ぐことができます。
LINEの購入画面の保有コインの下に、「このコインはAndroid OS(またはiPhone OS)のLINEでのみご利用になれます」と表示されます。

この文言の通り、「AndroidからiPhone」または「iPhoneからAndroid」への機種変更の場合、コインは引き継ぐことができません。
注意書きで分かりやすく書いてある以上、コインの払い戻しも行われていませんので、機種変更でコインが消えてしまったとLINE運営に訴えてもコインが戻ってくることはありません。

機種変更の際は十分注意し、OSの変更があるときはコインをすべて使い切ってから引き継ぎをしましょう。

ボーナスコインが使えない!

一度に多くのコインを購入すると、ボーナスコインがついてきます。
具体的には500コイン購入すると100コイン、800コイン購入すると200コインという具合にまとめて購入すればするほどコインの単価は下がっていきます。

また、ためたLINEポイントは2ポイントで1コインという具合にコインに変換されますが、正確には「コイン」ではなく「ボーナスコイン」に変換されます。

ボーナスコインはポイントから返還されるものなので、一時期スタンプや着せかえを友達へプレゼントする際に用いることができませんでした。
しかし、ポイントの使用範囲が変更されるに伴って、友だちへのプレゼントにも自身への購入にも問題なく使えるようになりました。

ボーナスコインがコインとして使えないという方は、LINEのバージョンが古い可能性がありますので、まずLINEをバージョンアップしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

LINEコインはLINE内で使用できる通貨です。
LINEポイントとの違いが理解しにくいという方もいらっしゃるでしょうが、コインの確認自体は購入画面で分かりやすく行えますので、スタンプや着せ替えを買いたいとお考えの場合はまず購入画面を確認してみてください。

LINEコインを使って楽しいスタンプや着せかえを手に入れて、よりSNSライフを充実させてください!

スポンサードリンク

コメント