LINEプリペイドカード愛用者が教えるカードの使い方とトラブル対処法

スポンサードリンク
line プリペイドカード LINE(ライン)

「LINEの有料スタンプが買いたいけど、買い方が分からない」
「プリペイドカードを買ったのにチャージできない!」

みなさん、こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

LINEには、コンビニなどで販売されているオリジナルのプリペイドカードがあります。
これを購入すれば、LINEウェブストアで買い物ができる便利なカードです。

現金だけでなく、お店によってはポイントでも購入できるので、クレジットカードなども必要ありません。

この記事では、LINEプリペイドカードの使い方だけでなく、チャージができないなどのトラブル対策についてもまとめました。
これを読んで楽しいSNSライフを送ってください!

スポンサーリンク

プリペイドカードって何?

まずは、プリペイドカードの仕組みについて理解しておきましょう。

LINEポイントに変換できる ?

そもそもLINEプリペイドカードとは何なのでしょうか?

LINEプリペイドカードとは、LINEストア内で使うことのできるクレジットを現金で購入することのできるカードです。
LINEストアでは、たくさんのスタンプや着せ替えなどの買い物を楽しむことができます。

LINEストアではLINEクレジットと呼ばれるものが通貨として使われています。
このLINEクレジットの入手方法はクレジットカードの登録かプリペイドカードの購入かどちらかです。
LINEクレジット1ポイントが1円に相当します。

つまり、LINEプリペイドカード1000円分を購入すると、1000ポイントチャージできます。

購入したプリペイドカードの金額に合わせてチャージを行い、買い物の支払いに使うことができます。
LINEストアでは、LINEと提携しているサービスを使用することによってためられるLINEポイントも使用することができます。

LINEポイントはLINE Payカードなどを経由してLINEクレジットに交換することができます。
しかし、LINEクレジット側からLINEポイントには交換できません。

LINEストアでは、LINEポイントとLINEクレジットではLINEクレジットのほうが優先で使われます。
そのため、買い物をしたときLINEクレジットが0にならないと、LINEポイントは使われません。

LINE Payカードとは違う

LINE PayカードとLINEプリペイドカードは名前が似ているため、画像だけだと間違われることもあります。
しかし完全な別物です。
触ったり使ったりしてみると、材質や使い方からその違いはすぐに分かります。

LINEプリペイドカードは、表面に「プリペイドカード」と使える金額の表示があります。
LINE Payカードは、JCBブランドのプリペイドカードなので、JCBのロゴやカード番号が表示されています。

LINE PayカードはLINE Payにチャージしている残高を使って商品を購入するカードで、チャージが残っていれば何度も使用できます。

一方LINEプリペイドカードは、表示された金額分ストアでチャージを行えば不要となります。
使用済みであればそのまま捨ててしまっても大丈夫です。

また、LINEプリペイドカードはコンビニで購入できますが、LINE Payカードは作るだけなら無料ででき、コンビニには置いていません。

プリペイドカードは、あらかじめプリペイドカードを購入した金額分しかチャージが行えません。
そのため、一度に大量に購入するか、必要になったら都度コンビニなどで購入するかをする必要があります。

その一方で、クレジットカードの入手に必要な住所や電話番号、職業や保護者確認などの手続きは省くことができます。

それぞれメリットもデメリットもあるので、自分に合った使い方をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

プリペイドカードの使い方

それでは、プリペイドカードの使い方についてみていきましょう。

どこで買えるの?

LINEプリペイドカードは、主にコンビニで購入できます。

現在1000円、3000円、5000円の3種類が販売されています。
1000円のカードは非課税のため消費税を払う必要はなく、1000円を支払って買うことができます。

ポイントカードのポイントでも買うことはできますが、ほとんどの店舗ではプリペイドカードを購入した金額に対してポイントは付きません。
お金でお金を買っているようなもの、と考えればポイントがつかない理由は分かりやすいと思います。

ポイントをためている場合は注意してください。

どうやって使うの?

LINEクレジットのチャージはLINEウェブストアから行えます。
LINEストアにアクセスして、左側の三本潜のボタンから「ログイン」を押します。

LINEに電話番号を登録していないとLINEウェブストアにログインはできませんので注意してください。

メールアドレスとパスワードを入力してログインを完了できます。
自動入力を設定しておくと、初回以外の入力の手間を省くことができます。

ログインが完了したら「チャージする」をタップしてください。
チャージ方法の選択画面になります。
「LINE Pay」「プリペイドカード」「LINEギフトコード」から「プリペイドカード」を選択してください。

プリペイドカードの裏側には、スクラッチで分かるPINコードが印刷されています。
スクラッチをはがし、PINコードを入力すればチャージは完了です。

チャージの有効期限は購入してから1年ですが、チャージしたLINEクレジットには有効期限はありません。
購入したら忘れずにチャージを行いましょう。

スタンプや着せ替えなどの購入がLINEウェブストアから行えますが、権利上の問題などでLINEストアでは売っていないものもあります。

その他にも、LINE通話と違い固定電話や携帯電話に直接かけられるLINE電話が契約できます。
LINE MUSICなどのLINEファミリーアプリの有料プランについてもLINEクレジットで支払できます。
LINE連動ゲームのゲーム内通貨やアイテムについてもLINEクレジットで購入できます。

スポンサーリンク

プリペイドカードがチャージできない!トラブル対処法

プリペイドカードがチャージできない場合、まずはPINコードの入力間違いを疑ってみましょう。
同じ数字が並んでいたときに桁数を多く入力してしまったり、数字の0や1とローマ字のoやlを間違えてしまったりするケースがよくあります。

チャージされないと表示されたからといって焦らずに、もう一度PINコードを落ち着いて入力してみてください。

それでもチャージされない場合は、反映に時間がかかっているケースやブラウザに何らかの障害が生じているケースが考えられます。
別のブラウザで再度LINEストアを開き、入力を試してみてください。

それでもチャージされない場合は、LINE側で障害が発生していないかを確認する必要があります。
LINEに問い合わせをして確認してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

LINEプリペイドカードは、クレジットカードの代わりにLINEストアで使うことのできる便利なカードです。
購入に余計な手間や時間も必要ないので、場合によってはクレジットカードを登録するよりこちらのほうがよいというケースもあるでしょう。

ただ、手軽な分詐欺などでプリペイドカードが利用されてしまうケースもあるようです。
プリペイドカードのPINコードを送ってくれ、などの申し出には警戒するようにしてください。

スポンサードリンク

コメント