Line初心者でも簡単!line送信を取り消せない原因と対処方法

スポンサードリンク
line 送信 取り消し LINE(ライン)
「line送信を取り消したいんだけど、なぜか消せない…どうして?」
「送信を取り消せても、相手の画面に残るのか分からず不安。」

あなたは、そうお悩みではないですか?
友達に間違ったlineメッセージを送ってしまい、恥ずかしい思いをしたこともあるのではないでしょうか?

しかし、line上で誤って送信したメッセージは簡単に取り消すことができます。

当記事では、lineのメッセージ送信を取り消す方法について解説しています。
送信を取り消すことで相手にはどう表示されるのか、なぜか送信取り消しができない原因と対処法についても詳しくご紹介しますよ。

当記事が、lineのメッセージ送信取り消しについて悩んでいる皆さんのお役に立てば嬉しいです。

1.lineの送信取り消し機能とは?

lineの送信取り消し機能は、2017年12月13日に、コミュニケーションアプリ「line」へ実装された機能で、
line上で送信したメッセージを取り消すことができます。

この送信取り消し機能が実装される前にも、送信したメッセージを取り消すことが可能でした。
ただ、取り消しされるのは自分のlineトーク画面上のみで、相手のトーク画面からは取り消しされないという機能だったのです。

今回、新たに実装された送信取り消し機能では、取り消ししたメッセージは相手のトーク画面からも取り消しされる仕様になっています。
ただし、メッセージを送信してから24時間以内でなければ、相手側の画面からメッセージが削除されません。

送信を取り消せるのは、テキスト・スタンプ・画像・動画・ボイスメッセージのほか、LINE MUSIC・連絡先・位置情報・ファイル・通話履歴が対象になります。
送信されたメッセージが未読であっても既読であっても、24時間以内であれば取り消し可能です。

また、個人トークだけでなく、グループトークであっても取り消しすることができます。
そのため、もしクラスやサークル内でのグループトークで誤爆してしまっても、取り消すことが可能です。

ただし、相手の通知のメッセージは、取り消すことができない点に注意が必要です。
誤爆してしまったと気づいたら、なるべくすぐに送信取り消しすることをおすすめします。

2.lineの送信を取り消す方法

では、lineの送信を取り消す方法についてご紹介します。

lineの送信を取り消す方法は、至って簡単です。
取り消したいメッセージを長押しして、表示される黒いメニューから「送信取消」を選択するだけ。

メッセージを取り消すと、「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます。
そして、相手側には、「〇〇(自分のlineで使用している名前)がメッセージを取り消しました」と表示されます。

ただ、相手が使用しているスマートフォンのバージョンによってメッセージが取り消されない場合もあるので注意しましょう。

3.lineの送信を取り消すと相手にもバレるの?

さて、lineの送信を取り消すときに一番気になるのが、削除したことが相手にバレてしまうのかという点ですよね。

送信を取り消し取り消した場合には、相手にはどのように表示されているのでしょうか。
また、送信を取り消ししたメッセージ内容がバレてしまうことはあるのでしょうか。

3-1.相手のline画面にはどう表示される?

まずは、相手のline画面にはどう表示されるかについてご説明します。
lineで送信したメッセージを取り消すと、相手とのトーク内に表示されていたメッセージが消えます。

また、メッセージを送信したことで、相手のlineトーク一覧で上に移動した場合は、元の位置に戻ります。

ただ、ここで注意すべき点が2点あります。
まず1点目は、相手がメッセージを未読である状況が前提であるという点です。
既読である場合は、送信したメッセージを取り消してももちろんメッセージは既に読まれています。

2点目は、「メッセージの送信を取り消しました」という通知と時刻が相手とのトーク画面に表示されてしまう点です。
相手がメッセージを未読の場合でも、あなたが送信したメッセージを取り消したということは相手に知られてしまいます。

この通知により、相手は「何のメッセージを取り消したの?」と不審に思われる可能性があります。

3-2.相手のline通知にはどう表示される?

では次に、相手のline通知にはどう表示されるかについて解説します。

残念ながら、lineのメッセージを取り消しても、相手の機種上に出た通知は消すことができません。

ただ、スマートフォンの機種によって通知が消える場合と消えない場合があるようです。
しかし、一概にすべての機種で取り消したメッセージの通知が消えるとは言えません。

4.lineの送信を取り消す時によくある疑問&対処法

最後に、lineの送信を取り消す時にちょっと迷ってしまうようなよくある疑問点と対処法についてご紹介します。

4-1.lineの送信取り消しはいつまでできるの?

lineで送信したメッセージは、送信取り消ししたいメッセージが送信されてから24時間以内であれば、メッセージを取り消すことができます。

また、lineの送信取り消しに関する質問で特に多いのは「lineで送信したメッセージを取り消したいけど、取り消せない」という根本的な質問です。

この場合、24時間以上経過していることがほとんどなので、もしlineの送信を取り消したくても取り消せない場合は、送信した時刻を確認しましょう。

4-2.lineの送信取り消しは既読マークがついた後にもできるの?

lineの送信取り消しは、メッセージの未読既読関係なく行うことができます。
しかし、既に相手には読まれているので、読み返してほしくないという場合のみ有効だと考えておきましょう。

4-3.lineで送信した画像やスタンプは取り消せるの?

結論として、lineで送信した画像やスタンプは送信取り消しが可能です。

また、lineで送信取り消しが可能なものは以下の通りです。

  • メッセージ
  • スタンプ、画像(写真)
  • 動画、ボイスメッセージ、ファイル
  • 位置情報、URL、LINE MUSIC、通話履歴

ご覧の通り、LINEで送信できるほとんどのものが送信を取り消すことができます。

4-4.機種によってline送信が取り消せないことはあるの?

スマートフォンの機種によって、lineの送信取り消しが行えない場合があります。

今回は、iphoneとAndroidでのline送信取り消しが可能かについてご紹介します。
まず、iphoneであれば、lineの送信取り消し機能を問題なく使えます。トーク画面も通知も取り消すことが可能です。

次に、Androidでは、メッセージを取り消すことはできても通知までは取り消すことができません。

機種やバージョンによって、メッセージや通知を取り消せないこともあるため、必ずメッセージの取り消しができると過信しすぎないことをおすすめします。

4-5.相手のメッセージを送信取り消しすることはできるの?

相手から送られたメッセージを送信取り消しすることはできません。
lineにて送信取り消しを行うことができるのは、あくまで「自身が送ったもの」のみなので、注意が必要です。

ただ、相手とのトーク画面にて相手からのメッセージを「削除」することは可能です。
削除すると、自分のトーク画面では相手からのメッセージが消えます。

しかし、対応しているのは自分のトーク画面のみとなるため、相手のトーク画面には表示されたままです。

5.まとめ

今回は、lineの送信取消についてご紹介しました。
lineは、他のコミュニケーションツールと比べ、一般化されたツールです。

簡単にメッセージやスタンプでコミュニケーションを取ることができるため、つい誤った送信をしてしまいがちです。

そこで、送信取消を行うことによって、どんな風にメッセージが削除・表示されるのかについて理解しておくと、いざという時に役に立ちます。

まずは、誤った送信を行わないように注意することが一番ですが、もしもメッセージを消さなければいけない状況になったときには、ぜひ送信取消機能を活用してみてくださいね。

コメント